スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
編集 | この記事のURL | TOP ▲

ソニー、次世代ゲーム機「NGP」年内発売 3G携帯回線を装備 

以下は「産経ニュース」による記事の引用です。

ソニー傘下でゲーム事業を手掛けるソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は27日、携帯型ゲーム機「プレイステーション・ポータブル(PSP)」の次世代機を年内に発売すると発表した。新型機の投入は2004年以来となる。

 新型機の開発コードネームを「NGP(ネクストジェネレーションポータブル)」。高精細なディスプレーを搭載し、無線LANや第3世代携帯電話(3G)機能を備え、通信機能を充実させる。新型機の投入で、ゲーム機としての利用も広がっている米アップルのスマートフォン(高機能携帯電話)「iPhone(アイフォーン)」などに対抗する。

 本体の前後にタッチパネルやカメラを搭載。ソフトはインターネット経由でダウンロードするほか、フラッシュメモリーを使った専用のディスクで遊ぶ。

 SCEの平井一夫社長は同日の会見で「究極のポータブル体験を提供するのはSCEの使命で、新型機でこれを実現する」と述べた。

 ゲーム市場では、任天堂が2月26日に裸眼で3D(3次元)画像が楽しめる携帯型機「ニンテンドー3DS」の発売を予定しており、一騎打ちの激しい攻防戦が繰り広げられそうだ。


NGP PSP
ニンテンドー3DSの発売が残り1ヶ月を切りましたが、一方ソニーは新型ゲーム機を本日発表。
スペック表を見ましたが、携帯型ゲーム機とは思えないほどです。
5インチのタッチパネル有機ELディスプレイ、4コアCPU搭載、3G通信機能搭載 と、なにを目指しているのか。
価格はまだ非公表ですが、恐らく29800円ぐらいなんじゃないかなと。

【関連リンク】
次世代携帯型エンタテインメントシステムを発表~究極のポータブルエンタテインメント体験を提供し、携帯ゲーム機市場の更なる拡大を目指す~ | プレイステーション® オフィシャルサイト
スポンサーサイト

ファイナルファンタジーXIVのベンチマークを試してみた 

以下は「GAME Watch」による記事の引用です。

 株式会社スクウェア・エニックスは6月16日、2010年発売予定のPS3/Windows用MMORPG「ファイナルファンタジー XIV」のWindows用オフィシャルベンチマークソフトのダウンロード配信を開始した。価格は無料。クライアント容量は約172MBで、ファイル解凍後は約335MBとなる。

 「FINAL FANTASY XIV OFFICIAL BENCHMARK」は、実際のマップや登場キャラクターを描画することで、プレーヤーのパソコンで「ファイナルファンタジー XIV」が動作した時の指標となるスコアを算出するソフト。

 ただ単に自動的に描かれるだけでなく、同作品に登場するキャラクターの5つの民族から選択することが可能。また、ランダムに表示させることもできる。表示解像度は1,280×720だけでなく、1,980×1,080もサポート。音声についても5.1chサラウンド、フルボイスに対応している。


昨日、FF14のベンチマークが公開されたようです。
PC版のFFといえばFF11が有名でしたが、FF14がもう出てしまうんですね。
FF11のベンチマークは時代が時代だけにサクサクに動いた記憶がありますが、FF14はそうはいかないみたいです。
というわけで、今回もベンチマークを試してみました。

「E3 2010」で任天堂がニンテンドー3DS等を発表 

ニンテンドー3DS ニンテンドー3DS 2

アメリカのロサンゼルスで世界最大のコンピューターゲーム関連の見本市「Electronic Entertainment Expo」(E3 2010)が開催されましたが、そこで任天堂は最新携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS」等を発表しました。

ポケットモンスター ブラック・ホワイト、2010年秋に発売決定 

ポケットモンスター ブラック・ホワイト

上のような画像の公式サイトが昨日現れました。
 『ポケットモンスターブラック・ホワイト』公式サイト|ポケットモンスターオフィシャルサイト

今年の1月19日のニュースにこんなものがありました
→『約4年ぶり! ポケモン完全新作が2010年内発売へ
約3ヶ月を経てようやくタイトルが正式発表されたというわけです。

「ポケットモンスター ブラック・ホワイト」は完全新作となる作品となり、2006年発売のニンテンドーDSソフト「ポケットモンスターダイヤモンド・パール」以来の4年ぶりとなります。
発売時期は2010年秋、希望小売価格は未定、ジャンルはRPG、対応ハードはニンテンドーDS。
また、公式サイトでは4月15日(木)に新たな情報が公開されるようなので楽しみですね。

【関連リンク】
ポケモン最新作が「ポケットモンスターブラック」と「ポケットモンスターホワイト」に正式決定、今秋発売へ - GIGAZINE
ポケモンシリーズ最新作『ポケットモンスター ブラック・ホワイト』2010年秋発売 | インサイド

任天堂、ニンテンドーDSの後継機「ニンテンドー3DS(スリーディーエス)」を2011年3月期に発売へ 

以下は「任天堂のプレスリリース」の一部引用です。

 任天堂株式会社(京都市南区、社長岩田聡)は、裸眼で3D映像によりゲームが楽しめる「ニンテンドー3DS」(仮称)を、2011年3月期に発売いたします。

 「ニンテンドー3DS」(仮称)は、2009年12月末時点での当社からの全世界向け連結販売台数が1億2500万台に上る「ニンテンドーDSシリーズ」の後継機となる新型の携帯型ゲーム機であり、ニンテンドーDSiを含むニンテンドーDSリリーズ用ソフトもお楽しみいただける互換機能も有しております。

その他の詳細に関しましては、2010年6月15日からアメリカ合衆国のロサンゼルスで開催されますビデオゲーム展示会であるE3ショーにて発表予定です。



ニンテンドー3DSニンテンドーDS→ニンテンドーDS Lite→ニンテンドーDSi→ニンテンドーDSi LL
に続く5代目“ニンテンドー3DS”が発表されました。

ネーミングセンスが“iPhone 3GS”と似ているのはご愛敬でしょうかね。
まぁ、まだ仮称の段階ですので何とも言えません。


【関連リンク】
任天堂によるニンテンドー3DS プレスリリース(PDF)
任天堂:新型機「ニンテンドー3DS」発売へ DSの後継、裸眼で3Dゲーム(まんたんウェブ) - 毎日jp(毎日新聞)
asahi.com(朝日新聞社):任天堂携帯ゲーム、6年ぶり完全新型発売へ 裸眼で3D - ビジネス・経済
任天堂、3Dに対応したニンテンドーDSの後継機「ニンテンドー3DS(スリーディーエス)」を2011年3月期に発売へ - GIGAZINE







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。