スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
編集 | この記事のURL | TOP ▲

バリアングル復活“あえて1000万画素”の「G」――「PowerShot G11」 

以下は「ITmedia +D LifeStyle」の記事の一部引用です。

キヤノンは8月20日、コンパクトデジタルカメラ「PowerShot G11」を9月下旬より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は6万円前後。
「PowerShot G10」(レビュー)の後継機種。上部に露出補正/ISO/モード変更と合計3つのダイヤルを配置したデザインに変更はないが、Gシリーズとしてはひさびさにバリアングル液晶を搭載した。液晶のサイズは2.8型(46.1万画素)で、G10(3.0型/46.1万画素)に比べると画素数こそ同一だがやや小さくなった。
撮像素子はG10の1/1.7型 有効1470万画素CCDから、有効1000万画素CCDへ変更された。同一サイズながら画素数を抑えたことで、1画素あたりの受光面積をG10比で約45%アップさせたほか、同時に「最新技術」(同社)を盛り込むことで、S/N比も大幅に向上させたという。画像処理エンジンは引き続き「DiGiC4」だが、デジタルノイズリダクションのアルゴリズムを見直すことでノイズ除去性能を高めた。こうした工夫により「G10比で最大2段分のノイズ低減。同感度ならば1/4のノイズ、同ノイズレベルならば2段高い感度で撮影可能」だという。


PowerShot G11
出る出ると噂になっていた“G11”ですが、等々発表されました。
撮影素子は1470万画素→1000万画素に変更されたが、ノイズが4分の1にまで減少したとのこと。
現代のカメラ業界は高画素化が進んでいますが、最もやるべきなのはCCDのサイズを大きくするべきだと考えます。
自分は2世代前の“G9”を使用しておりますが、一般的なデジカメよりも大きい CCD 1/1.7型 にひかれて買ったといっても過言ではありません。


ついでにPowerShot G9~G11の簡単な比較表を作ってみました。
PowerShot 比較表

【関連リンク】
バリアングル復活“あえて1000万画素”の「G」――「PowerShot G11」 - ITmedia +D LifeStyle
ASCII.jp:キヤノンが「PowerShot G11」などデジカメ6機種を発表

コメント

この記事へのコメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



トラックバック先URL












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。