スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
編集 | この記事のURL | TOP ▲

デジカメ(PowerShot G9)が逝かれました 

Canon 修理依頼書

愛用していたデジカメ「PowerShot G9」が逝かれてしまいました。
どういった原因かというと、電源ボタンを押しても電源が入らないのです。
先週の金曜日にコミケに行って、土曜の夜にカメラを使おうと思ったらつかない。
ちょっとショックでしたねぇ。購入からたった半年ほどで。中古ですけどね。

故障を発覚してから数日後、Canonの修理センターに持って行って修理に出してきました。
修理費はなんと12075円。出費が半端ないです。まぁ機械には故障が付きものですからね。
新しいカメラに買い換えようかなぁなんてことも考えてましたが、修理することに。

物が壊れるときって連続的に壊れていくんですね。
テレビが壊れたり、給湯器が壊れたり、自転車がパンクしたり・・・w

コメント

この記事へのコメント

あとDSや電子辞書のBrainも故障して修理に出していませんでしたけ・・・
1万2千円・・・値段的にもだし、G9が良いカメラだから買い換える気にもならないですしね
[ 2009/08/23 04:06 ] [ 編集 ]

コミケの恐ろしいムサ臭さにやられたわけだな
[ 2009/08/23 04:51 ] [ 編集 ]

買い換えた方がいいんでないの?
[ 2009/08/24 21:51 ] [ 編集 ]

何が原因だったのか。

どうやって修理されたのか、修理報告書のほうを見たいです。

オークションで、ジャンクカメラをよく見かけるので。
[ 2010/04/21 04:48 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



トラックバック先URL












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。