スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
編集 | この記事のURL | TOP ▲

SCE、UMDを省き小型化した「PSP go」を発表 

以下は「AV Watch」による記事の一部引用です。

SCE、UMDを省き小型化した「PSP go」を発表ソニー・コンピュータエンタテインメントは、米国で開催中のE3(Electronic Entertainment Expo)で、新型PSP「PSP go(プレイステーション・ポータブル go/PSP-N1000)」を発表した。北米と欧州では10月1日発売予定で、価格は北米が249.99ドル、欧州では249.99ユーロ。日本でも26,800円で11月1日に発売する。

 日本向けにはピアノ・ブラックとパール・ホワイトの2色で展開する。なお、従来モデルのPSP-3000も併売される。

液晶ディスプレイは、解像度は480×272ドットで従来モデルと同じだが4.3型から3.8型に小型化されたほか、ディスプレイの下部に方向キーなどの操作ボタンを収納したスライド機構を採用するなど、ボディの構造も大幅な変更が行なわれている。初代PSPとの比較で「50%小さくて40%軽い(SCE平井一夫CEO)」としており、外形寸法は69×128×16.5mm(横×縦×厚み)、重量は158gとなった(PSP-3000は約71.4×169.4×18.6mm、約189g)。


PSP go_1 PSP go_2

先日から画像が流出して話題になっていた「PSP go」ですが、ついにE3でSCEから公式発表されました。
流出した情報はほぼ本当だったみたいです。
スライド式になった本体はUMDスロットの廃止で薄く初代比で40%・PSP-3000比で約20%ほど軽くなり、かわりに16GBのストレージを内蔵。
ディスプレイは従来のPSPの“4.3インチ“から“3.8インチ”へと小型化。
外部ストレージはメモリースティックPro DuoからM2に変更。

自分はPSP-2000を持っていますが、この「PSP go」はそこまで欲しいとは思いませんね。
小型化されて軽くなったのはいいと思いますが、液晶の大きさは従来の方が大きい、と。
値段も従来よりも高くなる。個人的にタッチスクリーンが搭載されていればよかったなと。


【関連リンク】
PSP Go正式発表、11月1日発売・2万6800円(Engadget Japanese)
SCE、UMDを省き小型化した「PSP go」を発表 - AV Watch
新しいデジタルライフスタイルを提案するPSP® 「プレイステーション・ポータブル」go

コメント

この記事へのコメント

え・・・?
これネタだと思ってたんだけど・・・w

凄くやり難そうな形だ
[ 2009/06/03 19:45 ] [ 編集 ]

軽くなるのは良いと思いますが、購入したいとは
思いませんね。
価格は高いし、画面もPSPより小さい!
外部ストレージもメモリースティックPro Duoから
M2(高い!)だし。
購入者にメリットがあるとは、思えませんね。
[ 2009/06/03 21:06 ] [ 編集 ]

ポータブルのプレイヤーとして良いかなぁと思ったら驚愕のM2・・・
日本で発売されている機種でM2対応ってW52Sぐらい?まあソニーらしいけど
俺はなんだかんだで買っちゃいそうだけどw
[ 2009/06/04 02:26 ] [ 編集 ]

>>kouki
ゲーム機の域を超えてる様な感じだよねぇ

>>jyuzouさん
進化してるように見せかけて実は退化してるんではないか、とw

>>sisuさん
M2対応機種ってあんまり聞きませんよね
[ 2009/06/06 05:05 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



トラックバック先URL












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。