スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
編集 | この記事のURL | TOP ▲

日本郵便、「レターパック」4月1日サービス開始 

レターパック500  レターパック350
※左がレターパック500、右がレターパック350

以下は「イザ!」による記事の引用です。

 日本郵政グループの郵便事業会社は2日、全国一律の価格で手紙や書類を送ることができる新サービスの名称を「レターパック」にすると発表した。

 郵便局や一部のコンビニで専用の封筒を発売する。料金は500円と350円の2種類で、4月1日から取り扱う。

レターパックの専用封筒はA4判で、現在の「エクスパック500」と同じ大きさだが、書類や荷物だけでなく手紙を同封できる。エクスパックは3月末で封筒の販売を終えるが、サービスは継続する。


現在の「エクスパック500」のサービスの後継が「レターパック500」になる。
専用封筒の大きさは全く同じ、値段も同じ。
しかし「レターパック350」の封筒は大きさは同じだが厚さに余裕がない分値段が安い。
追跡サービスを利用することもできるのでこれは魅力的ではないでしょうか。


【関連リンク】
「レターパック」4月1日サービス開始 - 日本郵便
「全国一律の郵便新サービス 名称は「レターパック」に、」:イザ!

コメント

この記事へのコメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



トラックバック先URL












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。