スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
編集 | この記事のURL | TOP ▲

グラフィックカード(GeForce 9600GT)を買った 

【第一期サミナルより転載】  2008/05/27 23:31に投稿した記事です

グラフィックボード

電源ユニットに続き、今度は「グラフィックボード」というPCパーツを購入しました。
結構な値を出して高性能な物を買うか、コストパフォーマンスの良い安い物を買うか
迷ってましたが、結局高性能な物を購入してしまいました。
これで、財布の中もほとんど空っ穴に・・・

では、詳しいことは続きからどうぞ。



グラフィックカード(以下、グラボ)の購入は3ヶ月ほど前から考えており
何を買おうか、買ったら何をしようか、等々考えてました。
そして遂に5月25日(日)にネットで買うことにしました。


↓「Sycom」というネットショップで購入した。価格.comで調べてこの店が一番安いということを知った
20080525_VGA購入
ちなみに、自分がこれを買った後、再度サイコムのこの商品のページを見たら「売り切れ」と表示されていた。


↓「Sycom」からのメール。かなり手際の良いスピードである。
サイコム メール



↓そんでもって注文した2日後の27日(火)に届いた。速い!
サイコム_1

しかし箱が長い・・・
サイコム_2   サイコム_3
サイコム_4   サイコム_5


↓今回購入したLEADTEKのグラフィックボード「WinFast PX 9600GT」
20080527_LEADTEK 9600GT_1

20080527_LEADTEK 9600GT_2

20080527_LEADTEK 9600GT_3   20080527_LEADTEK 9600GT_4
20080527_LEADTEK 9600GT_5   20080527_LEADTEK 9600GT_6

20080527_LEADTEK 9600GT_7
20080527_LEADTEK 9600GT_8   20080527_LEADTEK 9600GT_9
20080527_LEADTEK 9600GT_10   20080527_LEADTEK 9600GT_11


↓増設後のPCケース内の様子。左側がしっかり填ってくれなかった…ちょっと不安
20080527_LEADTEK 9600GT_12

20080527_LEADTEK 9600GT_13   20080527_LEADTEK 9600GT_14



しっかりとグラフィックボードが填ってくれなかったので、
電源を付けたときにちゃんとグラボを認識してくれるかどうか不安でしたが、
電源を付けると↓のような画面が一瞬だけ出ました。しっかりと認識されている模様。
20080527_LEADTEK 9600GT_15



とりあえず、OS(XP)を起動。最初は640x480の画面で見にくかったが、
WUかなんかで勝手にNVIDIAのドライバが入ってくれたので
その後画面設定を行い、1440x900に直した。しかしファンが五月蠅いので
NVIDIAの最新ドライバを再度入れ再起動。するとファンも忽ち静かになった。

20080527_グラボ_1   20080527_グラボ_2

ドライバを入れた後、右上の画面が出て吃驚した。
『良質の400W電源を搭載したのに、何で-?』
と思ったら、補助電源を刺していないことに気づいたw
とりあえずPCの電源を切り補助電源を刺し、またPC起動。これで何もかも完璧。

正直、9600GTの性能をまだ使えてませんので、
これからGPUに負荷のかかることをやっていこうと思っておりますw
ベンチマークなどの結果は後日違う記事にて紹介しようと思います。


【関連リンク】
価格.com - WinFast PX9600 GT (PCIExp 512MB) 価格比較
GeForce 9600GT 搭載 PCI-E 対応 : WinFast PX9600GT 製品 概要&機能 ~
NVIDIA (公式)
NVIDIA GeForce 9600GT (公式)

コメント

この記事へのコメント

>>nanasi
当時はよく指摘されました。
ご存じかと思いますが、この文章は1年前に書いたものでもちろん今はちゃんと刺しております(笑
[ 2009/06/14 07:57 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



トラックバック先URL












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。