スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
編集 | この記事のURL | TOP ▲

DELL「Inspiron 1300」のCPUを換装 

【第一期サミナルより転載】  2009/01/20 00:30に投稿した記事です

2008年12月30日からのノートPC周り

我が家にあるノートパソコンことDELL「Inspiron 1300」ですが、CPUのパワーが不足しているように感じてきたので、CPU換装してみました。

Celeron M 370 (1.5GHz) → Pentium M 760 (2GHz)

となります。



↓Inspiron 1300を裏返しにします
DELL Inspiron 1300 CPU換装(1/7)



↓蓋を開けると、CPUクーラーが出てくる
DELL Inspiron 1300 CPU換装(2/7)



↓CPUクーラーの周りにあるネジを外すとCPUが登場
DELL Inspiron 1300 CPU換装(3/7)



↓丸い「-」の部分をマイナスドライバーで反時計回りに回すとCPUが取れる
DELL Inspiron 1300 CPU換装(4/7)



↓Celeron M 370(左) と Pentium M 760(右) の比較@表
DELL Inspiron 1300 CPU換装(5/7)



↓Celeron M 370(左) と Pentium M 760(右) の比較@裏
DELL Inspiron 1300 CPU換装(6/7)



↓外した時と同じようにはめ込む
DELL Inspiron 1300 CPU換装(7/7)



これで見事完了です。



●CPU-Zによる比較
Inspiron1300-cpuz_old1.png Inspiron1300-cpuz_new1.png

Inspiron1300-cpuz_old2.png Inspiron1300-cpuz_new2.png



●CrystalMark 2004R3による比較
Inspiron1300-CrystalMark_old1.pngInspiron1300-CrystalMark_new1.png



●Super Πによる比較
spi209_old.png spi209_new.png





換装後は換装前よりもOSの起動やらアプリの起動やらが“早い”と体感できるほどでした。
キャッシュがCelM→PenMで2倍で、FSBも400MHz→533MHzです。

ちなみに、このPenMは6000円で購入しました。新品なのでまぁ安い物です。

コメント

この記事へのコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009/06/15 00:45 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/09/12 22:15 ] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2010/09/19 22:23 ] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2012/08/13 22:10 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



トラックバック先URL












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。