スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
編集 | この記事のURL | TOP ▲

Logicoolの無線マウス「MX620」使用レビュー 

20080823_MX-620.jpg

【第一期サミナルより転載】  2008/08/24 21:58に投稿した記事です

Amazonで¥3,744で購入した
「MX620 Cordless Laser Mouse」(以下、MX620)
のレビューを写真付きでお届けします。





↓箱を開けると以下の付属品が入っている。
MX620レビュー_1


↓マウス本体、無線レシーバー、DURACELL製単3電池x2
MX620レビュー_2


↓電池はこの様にして挿入する。
MX620レビュー_3


↓マウスパッドの上に置いてみた。小さいマウスパッドなのでやはりマウスが大きく見えてしまう。しかし幅は足りた。
MX620レビュー_4


↓今まで使っていたマウス(左)とMX620(右)で比較。MX620は今まで使っていたマウスの2倍ぐらいの大きさがありそう。
MX620レビュー_5


↓無線レシーバーをUSBポートに刺す
MX620レビュー_6


ロジクール ドライバダウンロードドライバは、Logicoolの公式サイトからダウンロードする。

(手順)
MX620のホームページへアクセス

ページ右部分にある「ダウンロード」をクリック

OSを選び、SetPointを選び、32bitか64bitか選び、ダウンロード。



↓ダウンロードしたらセットアップを開始する。後は指示通りに勧めるだけ。
20080824_MX620ドライバ_1  20080824_MX620ドライバ_2
20080824_MX620ドライバ_3  20080824_MX620ドライバ_4
20080824_MX620ドライバ_5  20080824_MX620ドライバ_6


ロジクール アイコン
デスクトップに「ロジクールのマウスとキーボードの設定」というアイコンが作成されたと思うのでそれをダブルクリックで起動。



↓このような設定画面が表示される。それぞれのボタンに割り当てをすることができる。
20080824_ロジクールSetPoint


設定画面を詳しく知りたい方のためにキャプチャしました

Video: Logicool SetPoint




しばらくMX620を使っていますが、やはり使いやすいです。
少なくとも今まで使っていたノート用マウスよりは使いやすいです。
ネットの口コミでは『重い』と書かれていましたが、思ったよりも重いとは感じませんでした。
むしろこのぐらいの重さがあった方がちょこっと触れただけで動かなくていいと思います。

MX620レビュー_7
マウスの裏に「MICROGEAR」と書かれている下に切り替えスイッチがある。

これで超高速に移動可能なモードクリック感のあるモードの2つを使い分けることができる。



【関連リンク】
MX™ 620 Cordless Laser Mouse
Amazon.co.jp: Logicool MX-620 コードレスレーザーマウス MX-620: エレクトロニクス

コメント

この記事へのコメント

MSと違って、ロジのMicroGearホイールとクリック感は最高ですよね
PCは全部ロジクールで揃えてますw
[ 2009/07/31 23:59 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



トラックバック先URL












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。